転職エージェント

20代におすすめの転職エージェントを厳選|選び方のポイントとおすすめの理由

現在の会社に新卒で入社して3年。ぼちぼち周りが転職活動をやり始めたころではないでしょうか?

転職するなら何歳までがいいの?

そう考えたことが1度はあるでしょう。周りの皆は何歳までに転職したほうが良いと言っていますか?

20代?30代?40代?

正解は20代の間に転職したほうが良いです!

30代でも40代でも転職は十分に可能だし、私の周りにも沢山います。

しかし、今後先を見据えた場合、20代で転職したほうがスキルや職場の地位の面から、圧倒的に有利なのです。

これは、私が最後に28歳で転職した経験を元に言えることです。

本記事の内容
  1. 20代におすすめの転職エージェント
  2. 女性におすすめの転職エージェント
  3. 転職エージェントと転職サイトの違い
  4. 転職エージェントをおすすめする理由
  5. 転職エージェントの選び方
  6. 転職エージェント以外の手段
  7. 20代転職事情の変化

私も転職エージェントを利用した経験があります。

なぜ転職エージェントを利用したほうが良いかというと、一人で転職活動するより、サポートがあったほうが圧倒的に有利だからです。

転職エージェント無しで転職を経験したことがありますが、転職した先の企業の質や転職する際の労力が全然違います。

より良い企業に効率よく転職するためには転職エージェントが必須です。

それでは、おすすめの転職エージェントを紹介していきます。

20代におすすめの転職エージェントを厳選

ここでは、20代に特化させて転職エージェントを紹介しています。

他サイトでは、転職エージェントが何十種類と紹介されており、どれを選べばよいかわかりませんよね。

なので私が厳選して3社に絞りました。

今回紹介する転職エージェントは「ランキング付け」はおこなっていません。

その理由は、転職エージェントも人間であり、あなたに合う合わないがあるからです。

ちなみに転職エージェント登録~転職成功まで完全に無料です。お金は一切発生しません。

だから、転職エージェントの見極めをするためにも、3社同時登録をおすすめします。

マイナビエージェント

20代~30代を対象とした、国内でも大規模な部類の転職エージェントです。

求人案件は全国をカバーしており、中小企業案件が特に多いイメージです。

関東圏は、ほぼ網羅されています。また、企業の人事担当とも太いパイプでつながれており転職を有利に進めることができます。

試験、面接対策まで親身になって教えてくれます。

マイナビエージェント

マイナビジョブ20’s

マイナビが運営する、20代に特化した転職エージェントです。

若年層の転職を熟知したアドバイザーが専属で付いてくれます。

キャリアカウンセリングをおこない、求職者の疑問や悩みをヒアリングして、求職者の適正や希望に沿った企業案件を提案してくれます。

マイナビジョブ20s

リクルートエージェント

求人数、転職支援実績、顧客満足度No1の日本最大級の転職エージェントです。

私もリクルートエージェントを利用したことがあります。

自分自身気づいていない強みを洗い出してくれたり、職務経歴書の添削から面接対策までサポートしてくれます。

また、エージェント側からも企業にアピールしてくれてたみたいです。

登録しておいて間違いは無いでしょう。

リクルートエージェント

20代女性におすすめの転職エージェントを厳選

最近は、女性管理職の登用が多く見られ、女性の活躍が目立ってきています。

そんな中で、「私も将来のキャリアプランを考えたい」「早く管理職になりたい」と考える女性も増えてきていると思います。

そんなキャリア女性のための転職エージェントサービスがあります。

リブズキャリア

女性に特化した会員制転職サービスです。

登録料はもちろん無料で、登録後に厳選された100社、200人のコンサルタントからスカウトを受け取ることができます。

最高年収400万以上も狙うことができます。

正社員で将来キャリアアップを目指す女性に最適な転職エージェントです。

 

転職エージェントと転職サイトの違い

結論から言うと、転職サイトは一人で転職活動。転職エージェントは専属のキャリアコンサルタントが転職活動をサポートしてくれる。

簡単に言うとこんな感じです。

それでは詳しく違いを解説していきます。

転職サイトの特徴

求人が沢山集まったサイトのことです。

しかし、ただ集めているだけではなく、あなたの経歴にマッチした案件を自動的に抽出して連絡をくれるサービスもあります。

また、キャリアアドバイザーが付いてくれる転職サイトもあります。

基本的に一人で転職活動をおこなうので、ある程度の実力が必要になります。

一方で、ゆっくり自分のペースで転職活動をしたい人におすすめです。

転職エージェントの特徴

専属のキャリアコンサルタントが転職活動をサポートしてくれて、企業の質と転職の効率を考えている人に最適なサービスです。

また、年収交渉や入社日の調整、転職先でのキャリアプランも考えてくれます。

私はもう30代後半になりますが、今後転職する機会があったら迷い無く転職エージェントを利用します。

転職エージェントの面談とおすすめの服装|【一連の流れを解説】筆者は、転職の経験が3回有り、転職エージェントも2回目、3回目で利用しています。 この記事では、経験を元に転職エージェントとのやり...

 

20代で転職エージェントをおすすめする理由

20代では転職エージェントの利用を特におすすめします。

20代ではキャリアの積み上げも少なく、面談での伝え方が難しいからです。

そういった、20代特有の不利な点を転職エージェントサービスはサポートしてくれます。

多くの転職エージェントに登録して、自分を強く押してくれるキャリアコンサルタントから企業に推薦してもらうことが、転職成功の秘訣と言えます。

以下のような無料で受けられるサポートも魅力的です。

サポート内容
  1. 将来のキャリア相談
  2. 求人案件の紹介
  3. 履歴書と職務経歴書の添削
  4. 面接対策
  5. 面接の日程調整
  6. 給与の交渉
  7. 入社日の日程調整

20代転職エージェントの選び方

転職エージェントにも得意、不得意があります。

本記事で紹介している転職エージェントは「総合型」転職エージェントなので、幅広い求人案件を取り扱っています。

転職エージェントは複数登録することができるので、自分のニーズや担当者との相性を確認しながら、様々な角度でアドバイスを受けることをオススメします。

転職エージェント選びの成功事例と失敗事例

転職には失敗はつきものです。だから転職するんですからね!

転職エージェントを選ぶ上で最も大切なポイント

転職エージェントにも得意分野と不得意分野があります。

ということは、全ての転職エージェントが一律同じ性質ではないということです。

ここで重要なのは、あなた自身がどういった性質を持っているかです。

ここで言う性質というのは、自分の特技やスキルや過去の業種についてです。

つまり、今後自分がどのように就きたいか?過去の経験や得意分野は何かを一度見直して、自分に合った転職エージェントを見つけるべきです。

転職エージェントを利用する時の注意点

転職エージェントを利用するうえでのルールが多少なりと存在します。

コミュニケーション法だったり、合わなければ担当をかえてもらったり等です。

こまめな連絡をする

こまめな連絡をすることで、キャリアコンサルタントもあなたのやる気を買ってくれます。

やる気を買ってくれることで、様々な非公開求人やあなたに合った転職案件を持ってきてくれます。

今後の転職活動を有利にする為に、こまめな連絡や相談をかかさず実行しましょう。

転職する意思を明確に伝える

転職エージェントと合ったら必ず、「転職する意思」を伝えましょう。

なぜかというと、転職する気がないのに転職エージェントサービスを利用するという、かなり無益で被害を被ってしまいます。

なので、本気で転職活動をする人が転職エージェントを利用するべきなのです。

合わなければ担当を代えてもらう

経歴で嘘をつかない

企業への推薦文を確認する

同じ案件に複数の転職エージェントから応募しない

転職エージェント利用時の流れを把握する

転職エージェント以外の手段

転職エージェント以外の手段として、転職サイトを利用することと、ハローワークを利用するという手があります。

転職エージェントも人対人ですので、相性が合わなければ転職の成功率も下がることもあります。

どうしても、転職エージェントを利用するのが嫌だったら「転職サイト」と「ハローワーク」の利用をおすすめします。

転職サイトを利用する

転職サイトは転職エージェントとは違い、あなたの経歴を自動判別して最適な転職案件を提供してくれるサービスです。

登録は、あなたの名前から住所といったプロフィールと、これまでの職歴を入力したら完了です。

もちろん自分で探すこともでき、地域、業種、給料など様々なフィルターにて転職案件が検索可能です。

人と接さずに転職を成功させたい人は転職サイトを利用しましょう。

ハローワークを利用する

転職を考えた際一番先に思いつくのがハローワークではないかと思います。

ハローワークでは、地元転職に強いことや、求人量が多いことがメリットとしてあげられます。

また、自己分析や転職相談が無料で受けられます。これは転職エージェントと一緒ですね。

デメリットとしては、転職エージェントと比較すると転職案件の質が落ちます。

求人量が多い分、少なからず質の低い転職案件が混じってしまうのが現実です。

質を優先するのであれば、転職エージェントを活用し、数打てば当たる作戦であればハローワークを利用すると良いでしょう。

20代前半と20代後半で転職事情は変化する

20代前半と後半で転職の立ち位置が大きく変わってきます。

20代というだけで、転職しやすいのは事実なのですが、求められているものが違うんです。

その、求められている事を詳しく解説していきます。

20代前半の転職事情

経験やスキルよりも、ポテンシャルや若さ、元気を求められます。

第二新卒という扱いを受けて、経験やスキルが無くても転職できる可能性が高いです。

つまり、未経験の職種にも転職可能ということなんです。

人材育成に力を入れている企業や、長期的なプロジェクトを実施している企業は、こういった人材を募集します。

また、20代前半であれば、万が一失敗したとしても十分に巻き返しが可能です。

様々なことにチャレンジしたいのであれば20代前半がおすすめです。

20代後半の転職事情

20代後半になってくると、未経験職種への転職が難しくなります。

それは、20代でキャリア形成の基礎を築くからです。

一般的には同業種に転職するというのが王道です。

30代になると更に転職が厳しくなるので、転職するなら20代後半までがおすすめです。